FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杜の都 仙台~♪

改札を抜けたら、そこは笑顔満開でした^^



             弘前組との待ち合わせは、1時にループルバス乗り場です。
             感動の再会を果たし、さぁ旅行の始まりです。
             s-P5250191.jpg

車内は、木をふんだんに使っていてとても凝っています。
そして重いのだそうです。
また天井が高いデザイン
ということで、
  「カーブの時は、バスが倒れそうになります。
    ・・・が、倒れたことはありません。」
とは、運転手さんの談。
運転手さん以外にも、お笑い系の仕事ができそうな、
楽しい方でした。
車内は混み混み。
というわけで、この写真でお許しください(^^:

s-P5250190.jpg


これに乗って目指すは、《瑞鳳殿》です。





瑞鳳殿に行く階段。

s-P5250200.jpg




この階段を上りきるために、杖をどうぞ・・とのこと。
無料です。
s-P5250194.jpg
                       そして重い荷物はこちらへ~と、無料コインロッカー
                       s-P5250193.jpg

仙台の方は、太っ腹ですね^^







そしてたどり着きました。

s-P5250208.jpg




ここは、桃山様式の遺風を伝える豪華絢爛な廟建築として1931(昭和6)年、国宝に指定されましたが、
1945(昭和20)年の戦災で惜しくも焼失しました。
現在の建物は1979(昭和54)年に再建されたものです。

色は全て、日本画の絵具で、とても高価なのだそうです。
鮮やかですね。







また、彫刻も素晴らしい!
5~6センチの厚さの板を、表面・裏面と、違う絵が彫られているのです。

s-P5250203.jpg


    お分かりになるでしょうか。
    上と下は、同じ板の表と裏の写真ですが、
    片面には牡丹が。もう片方の面には菊が彫られています。

    s-P5250204.jpg



 


                私たちが行った日の前日が、伊達政宗公のお命日だったそうで、
                供養のためのお花が上がっていました。

                 s-P5250207.jpg

この写真ではお分かりになりにくいと思いますが、
施主のところには《伊達家十八代当主 伊達泰宗氏》のお名前がありました。
代々続いているって、すごいことですね。




その後、急いで駅にもどり、旅館へのシャトルバスにのって
秋保温泉へと向かいました。


 続く~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

祝!来仙!

仙台にお越し頂きありがとうございます~。

何もない田舎の地方都市ですが、旧友との再開を大いに楽しまれた
様で何よりです。。。
曇りの天気予報でしたが、見事に晴れ間にも恵まれましたね♪

瑞鳳殿に行かれたのですね~階段登りは大変だったと思いますが、
鮮やかな御霊屋を堪能頂けた様で良かったです。
青葉城には、時間が無くて行けなかったのでしょうか・・・。

また、懲りずに仙台へお越し下さいませ。

Re: 祝!来仙!

右肩さん。
ありがとうございます。
おかげさまで実現しました^^
出発するまで、何事かあるのではないかと心配しましたが。
特に東京組の二人は「夢じゃないのね!」と何度も言葉にしてしまいました。

バス乗り場で、階段から下りてきた合流班を見た時は、
本当に感激でした。

観光旅行としては、物足りないですが・・・(^^;
でも、満足の足袋でした。

ループルバスの運転手さんは、なかなかコミカルで、
芸人さんのお仕事もできそうな方でしたよ(笑)

お天気に恵まれたのは、本当にありがたかったです。

また伺いたいです。


プロフィール

ネイビーmini

Author:ネイビーmini
ご訪問ありがとうございます。


目や心に留まった事々を、拙い写真とともに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。