FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛宕神社



この石段は「出世の石段」と呼ばれています。

その由来は講談で有名な「寛永三馬術」の中の曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の故事にちなみます。

以下 コピペ(^^;

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


時は寛永11年、江戸三代将軍、家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、ここ愛宕神社の下を通りました。
折しも春、愛宕山には源平の梅が満開。家光公は、その梅を目にされ、 「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と命ぜられました。
しかしこの愛宕山の石段はとても急勾配。歩いてのぼり降りをするのすら、ちょっと勇気が必要なのに、馬でこの石段をのぼって梅を取ってくることなど、とてもできそうにありません。
下手すれば、よくて重傷、悪ければ命を落としそう。家臣たちは、みな一様に下を向いております。
家光公は、みるみる機嫌が悪くなり、もう少したてば、怒りバクハツ!というそのときに、この石段をパカッ、パカッ、パカッとのぼりはじめた者がおりました。家光公。その者の顔に見覚えがありません。

「あの者は誰だ」
近習の臣に知る者はありません。
「おそれながら」
「おう」
「あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)と申す者でございます」
「そうか。この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」
平九郎は見事、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上いたしました。
平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は一日にして全国にとどろいたと伝えられております。


平九朗が家光公に献上した言われる梅の木
.
この故事にちなみ、愛宕神社正面の坂(男坂)を「出世の石段」と呼び、毎日多くの方が、この男坂の出世の石段を登って神社にお参りにみえております。
なお、実際に神社にみえた方は男坂をごらんになって、
「こんな石段を馬が上れるわけがない。曲垣平九郎の話は講談だからウソだろう」
と思われるのですが、江戸以降にも男坂を馬で登り降りすることにトライをして、成功している方が何人かいらっしゃいます。
明治15年・石川清馬(セイマ。宮城県出身)
大正14年・岩木利夫(参謀本部馬丁)廃馬になる愛馬のために最後の花道をつくった
昭和57年・渡辺隆馬(ワタナベ リュウマ。スタントマン)「史実に挑戦」というテレビの特番で。
この番組では石川五右衛門は本当に大凧に乗って逃げたのか、なんていうのもやりました。

神社では、男坂を馬で上下するのに成功された方の絵や写真を見ることができます。
また、曲垣平九郎が献上したと言われる梅の木は、拝殿前の左手にあり、神社の四季を美しく彩っています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



      サラリーマン風のお二人。
      お若いのですが・・やはり急勾配は大変そうです。
      ここを馬で上るなんて!
      s-P5023308.jpg


標高27.6mの山頂(?)には池がありました。
s-P5023303.jpg


                こちらは女坂。とは言っても、やはり急な階段です。
                s-P5023305.jpg




ビルの谷間の緑陰を、ひと時味わってまいりました♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

愛宕神社、名前は聞いてるんですが行った事はなくて。
都会の真ん中なのに、こんな山の上の神社なのですね。
出世の階段とは、これはうちの主人にも上がらせないと…。
あっ、でももう今からでは間に合わないわ(笑)
でも新緑に囲まれて、心落ちつける場所ですね。
こちらも機会があったら寄らなくては。メモメモ(^^)v

No title

これまた急な石段ですね・・・
サラリーマンが写った写真「おいおい~大丈夫?」って言ってそうな
雰囲気があって、石段の急勾配の様子が良く分かりました。
ここを馬に乗って上下したのですから、凄い話ですね。

緑に囲まれて池もあって、ビルに囲まれたオアシス的場所なんで
しょうね。

Re: riverskyさん・・こんにちは^^

ここは、オフィス街の真ん中。
神谷町から5分ほどでしょうか。
NHK放送博物館が近くにあります。
そうそう。
境内に、田崎真也氏のレストランがありました。
リサーチしてみればよかったですね・・

人も少なく、まさにオアシスですね^^
新緑がきれいでした♪

おいでになる時は、是非ご一報くださいませ。

Re: 右肩さん・・こんにちは^^

> これまた急な石段ですね・・・

やった~
どう撮れば急に見えるかと、何枚か撮った中の一枚なのでゴザイマシタ。

NHKで、馬が上っている映像を見たのですが
もう・・・馬が落ちて怪我をするのではないかと
はらはらしてしまいました。
その時は確か成功したと思います。(昭和57年との記載発見♪)

夏はきっと涼しいでしょうね・・

23区内で一番高い山だそうです(笑)

No title

愛宕神社にはそんなエピソードがあったのですね。

左にいらっしゃる方に支えられて階段を登る姿は
ちょっと笑っちゃいました^^

神社仏閣に限らず、
どこを訪れてもいろいろな歴史があり。
ちゃんと下調べをしてからの方が、
より楽しめるのでしょうね^^

そして今を生きる私たちにも
いろいろな歴史があり。

これからも自分の歴史を積み重ねていくのかな…。

No title

こんばんは、思い起こせば20数年前、
港区に住んでいる友達を訪ねたときに行ったことがある愛宕神社。
この石段を登ったのを覚えています。
大都会の中で不思議な空間を体験しましたよ。
びっくりです。

Re: アルケミラモリスさん・・おはようございます。

お返事のテンポが悪くて。。申し訳なく思っております。
サラリーマンの風のお二人、最初は快調だったのですが
あの写真のあたりで、ちょっとお疲れが出たようです(笑)

その土地の歴史を下調べして出かければ
楽しみが倍増ですね。
ホントにそう思います。

こうしている「今」も、どんどん「過去」になっていきます。。
ささやかだけど、まちがいなく「自分史」でもありますね。

Re: かっつぁん・・おはようございます

え~~~っ、かっつぁんも、この階段を登られたのですか?
きっと、軽やかな足取りだったことでしょう(^^)v

ここも不思議空間なのですが、赤坂氷川神社というところも
住宅街の中に忽然と出現します。

そうですか。
ここで、愛宕神社に再会してしまったということは、
ご来訪をお待ちしているのかも♪
次回は是非、赤坂氷川神社の異空間体験も^^
プロフィール

ネイビーmini

Author:ネイビーmini
ご訪問ありがとうございます。


目や心に留まった事々を、拙い写真とともに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。